リンパ節(リンパ線)とは

リンパ節(リンパ線)とは

体中にリンパは流れているので、リンパ液を流すリンパ管も体中に存在しています。

 

それだけ多くのリンパ管が体中に存在しているので、その中の一つがトラブルになっても
仕方のないことかもしれませんね。

 

とはいえ、見逃すわけにはいきません。

 

そこで、リンパマッサージの登場です。

 

まずは、リンパの流れの悪い場所を特定しますが、どこをマッサージすれば良いのか?

 

リンパマッサージはどこのリンパ管が悪いのかを特定し治療するのですが、そこでリンパ節が存在します。

 

リンパ節はリンパ腺とも言われ、細い毛細リンパ管の集合地点です。

 

全身にくまなく存在しており、約800有ると言われています。

 

そのリンパ節一つ一つに細菌を殺し、病気にならないようにする役目があるのです。

 

また、リンパ節の働きにはリンパ液によって運ばれてきた老廃物をフィルターのように濾す働きがあるため、リンパ節が正常に働かないとリンパの中は老廃物がだらけになり、うまく老廃物を処理できなくなります。

 

リンパ節が詰まることでトラブルの原因となるのでまず、リンパ節を知っておけばリンパマッサージがしやすくなりますね。