リンパの流れが悪くなる理由

リンパの流れが悪くなる理由

リンパの流れが悪くなることが体調悪化の原因となるのです。

 

例えば、むくみ、肩のこり、肌のくすみ、疲労などがリンパによって影響されます。

 

リンパマッサージをすることで治癒するのですが、日常生活の中で予防しておくことも
必要です。

 

リンパ内のトラブルの理由は、リンパ管の中をリンパ液がスムーズに全身を流れず、滞ってしまうという状態になります。

 

その原因は筋肉の収縮が少なくなるため、リンパが移動できなくなるのです。

 

運動不足による筋肉の低下がリンパの流れを悪くしている理由の一つになります。

 

日頃あまり運動をしていないと、リンパの流れる力も弱まり、全身への循環が悪くなるのです。

 

また、冷え性もリンパの流れを悪くする理由の一つです。

 

冷え性は血行が悪くなり血液の循環が悪くなりますが、血液とつながっているリンパも影響を受けて悪くなります。

 

 

自律神経の乱れもリンパの流れを悪くする一つです。

 

自律神経の働きによって血液の収縮や筋肉の緊張と緩和を操っているので、自律神経の乱れによりリンパの流れも乱れてしまいます。

 

解消できる範囲で改善していくことがリンパの流れを予防することになるでしょう。