リンパの働きとは

リンパの働きとは

リンパマッサージを学ぶ上で、まずは「リンパ」とういものを学んでおく必要があります。

 

リンパとは、人の体にある血管や血液に近いものです。

 

リンパにも血液と同じようにリンパ液という組織液がリンパ管の中を通っており、体内の至る所を流れています。

 

そして、リンパ管には体の隅々に届くように細い毛細リンパ管があり、それがまとまるとリンパ管になります。このリンパ管が体の節々でリンパ節(リンパ線)としてあり、リンパ節は球体の形をしており、触ってみて丸いしこりのような場所がリンパ節(リンパ腺)になります。

 

また、リンパ節は体全身で約800カ所もあるといわれます。

 

リンパの役割は、血液の保険のようなものです。

 

まず、血液は心臓から作られた綺麗な酸素と栄養を動脈を通り全身に届け、帰りは全身から静脈を通って、体の老廃物を心臓まで運びます。

 

この作業の中で静脈が取り残した体の中の老廃物をリンパが運んで、静脈に戻します。その後はまた静脈から心臓で綺麗に処理した後、動脈に戻すという働きを繰り返しているのです。

 

また、リンパ節の働きはリンパ球や免疫抗体を生産しています。

 

リンパ節では細菌や老廃物に網を張る働きがあり、抗体によって病気にならないようにすることや、血液に細菌が入り込まないようにする役割も果たしているのです。

 

リンパは人間の体調管理にとって重要な働きをする器官なのですね。